一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

JUGEMテーマ:健康



さて、
今日は勤労感謝の日ということで
日頃忙しいみなさんはゆっくり休む日ということですが
何してますか??



ここ最近
産後の腰痛骨盤の歪み恥骨の痛み
気にして来られる方がとても多いです。



原因としては、
妊娠時の腰や骨盤(恥骨結合・仙腸関節)への負担や
股関節への負担があります。



力学的に体重が増えることによる負担の増加や
内分泌系の変化による関節の安定性の変化などにより
歩行時やちょっとした動きで
痛みを敏感に感じやすくなります。



体重の増加や内分泌の変化は
産後段々通常の状態に戻ると思いますが(個人差はあり)
出産後は赤ちゃんの抱っこなどの動作や姿勢が多くなり、
腰や背中、首や肩、また股関節などに
張りや痛みを感じやすくなる方がとても多いです。



加えて出産時に骨盤や会陰の筋肉、股関節内転筋などには
かなりの負荷がかかりますので、
そのダメージにより出産後歩きにくくなったり、
尿漏れが起こりやすくなったり、
恥骨や骨盤、股関節に痛みを感じたりしてしまいます。



これは一般的な産後の方の
腰痛・骨盤の歪み・恥骨の痛み・股関節痛などの原因となりますが、
これ以外にも生活習慣や姿勢、もともとの体の問題などにより
違う部位に痛みや張りがでたり、足のしびれが気になったりする場合もあります。



大切なのは、痛みの原因とそうなる背景を見つけて、
無理のないアプローチで状態を改善させていくことです。



セルフストレッチやエクササイズ、姿勢改善などは
状態の改善にかなり役立ちますというか、必要になってきますので
みなさん是非やってくださいね〜!













マタニティ整体なんて言葉を
よく耳にします。


ウェルビースパインにも
妊婦さんもよくお見えになるのですが、
どのように妊婦さんのケアを行なっているか
少しご紹介したいと思います。


お腹の大きさや体型の個人差は
あると思いますが、
妊娠も後期になってくると、
かなりお腹も大きくなってきて
骨盤が内側から圧迫されたり
腰部や背部の関節・筋肉に
負担がかかってきます。


体重の増加や
腹筋や腰の前の筋肉が伸ばされることにより
股関節などにも負担が増えて
痛みや違和感の原因になってきます。


たまに赤ちゃんのお腹の中での位置も
痛みの原因になったりしてしまいます。


そういった妊婦さんのケアをする場合、
まず痛みや気になるところを確認していって
腰の動きや骨盤・股関節の動き、背骨の動きなどを
チェックしていきます。


次に腰や骨盤・股関節の動きや安定性に
関係している筋肉のチェックをしていきます。


お腹が大きくなり、
腰が反り気味になる妊婦さんの場合、
腰の筋肉の負担が増えて、
腰や背部の筋肉に痛みが出たり、
股関節を安定させている筋肉が
普段より緊張していたりします。


また、
骨盤の内側からの圧迫が強くなれば
筋肉も伸ばされたり、圧迫されたりして、
下肢への循環が悪くなって
足がむくんだりつったりする
原因になったりします。


なので
姿勢や関節の動きなどをチェックした後、
お腹に負担がかからないように
腰・骨盤・股関節を中心に関節の動きを
整えながら個々の筋肉へのアプローチを行ない、
身体全体の負担を減らしていくように、
また痛みが軽減、消失していくように
施術を行なっていきます。


妊婦さんでもうつ伏せで寝ることのできる
特殊な構造のカイロ専用テーブルを使用していますので、
検査・施術ともうつ伏せで行なうことができます。


下肢のストレッチも行なうのですが、
これは主に仰向けの状態で行っていきます。
この時もお腹に負担のかからないように
大腿の後面や殿部、内転筋などを
ゆっくり伸ばしていきます。


体重増加が原因で
立つときに身体を支える殿筋(中小殿筋)
などにはかなりの負担がかかりますので
念入りに行っていきます。


マッサージだけでも
結構気持ちがよかったり、
身体が楽になったりすると思いますが、
負担がかかっている部位や症状は
一人ひとり違いがあると思いますので、
そこをチェックしてアプローチしていかないと
その場で気持ちよかった〜だけで
終わってしまうかもしれません…


以上、
ウェルビースパインで行なう
妊婦さんのケアの一部をご紹介してみました。
もしわからない部分がありましたら
なんでも聞いてみてくださいね!

今回は骨盤矯正コースのご案内です。


よく骨盤矯正って言葉を耳にすると思いますが、ただ骨盤の関節を矯正するわけではありません。その人の生活習慣や身体の使い方、足を組むなどの癖によって左右の骨盤の状態に違いが出たり、骨盤の高さの左右差が目立ったりします。


骨盤の高さが違ったり、骨盤が捻じれている状態では、その上に乗っている背骨の歪みやその下にある股関節の高さが違ったりしてしまうため、背骨のカーブが目立ったり、足の長さが左右で違ったりしてしまう原因になってしまいます。


ウェルビースパイン練馬では、骨盤を安定させている筋肉の状態や、骨盤の動きと関係する股関節、腰の関節などの動きをチェックしながら骨盤を理想の状態へ戻す施術を行っていきます。


骨盤や腰は身体を支えている土台となるため、骨盤の状態を良い状態に保つ(戻す)ことは身体の機能の正常化や、腰痛や股関節痛、足やお腹に力が入りづらい、足がむくむ、足が冷えるなどの症状の軽減や予防のために重要となってきます。


また、骨盤周りの筋肉の状態が良くなれば、循環や代謝の向上が期待できるため、ダイエット効果も期待できます。


状態により個人差はありますが、骨盤周りの関節や筋肉の状態が改善して安定するまでは5回〜10回位の施術が目安となります。


料金のご案内

通常 28000円(5回分:初見料3000円+施術料5000円×5) 
⇒  24000円(5回分:通常料金より4000円お得!)

骨盤矯正コースは、最初に5回分の料金(計24000円)先払いとなります。


骨盤の歪みや骨盤の開き、産前産後の骨盤が気になる方、足の長さの違いが気になる方など是非ご利用ください!!



西武池袋線・大江戸線「練馬駅」30秒
東京都練馬区の国際基準カイロプラクティック!
★ウェルビースパイン練馬★

オリジナルHP携帯HPにほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへにほんブログ村 健康ブログ 肩こりへ




久し振り?に症状と治療のご紹介を!


産後数週間たって足に力が入らず、
歩くのもいつもよりかなり時間がかかる…
という方がお見えでした。


聞くと、今回出産は2人目。
一人目の時は特に問題はなかったようです。


検査をすると、全身の関節が
出産直後のためか、かなり不安定な状態でした。


腹筋などにも力があまり入らない状態で、
歩くときに足を前(上)に動かす腸腰筋(大腰筋)も
あまり力が入らない状態で…
恥骨にも痛みがあるとのことでした。


股関節周りの筋肉は、その他
内転筋も力が全然入らない状態でした。


これでは歩くのも少し大変だと思います。


妊娠中から今回は足のむくみが
ひどかったとのお話で、
出産でお母さんの身体にかかる
負担は大変なものなんだなと
改めて思いました。


治療はまず筋力低下を起こしている
筋肉と、その筋肉がついている
骨盤や股関節周りを中心に行いました。


1つ、2つの筋力のみが弱い場合、
カイロプラクティックの得意とする
関節へのアプローチで劇的に改善する
場合も多いのですが、
今回は筋力低下を起こしている筋肉が多いため、
まずは骨盤を正常な状態へ近づける治療を
行った後、個々の筋肉へ対し
アプローチを行っていきました。


骨盤内や腹部の臓器なども、
出産による影響を受けている可能性が
高かったため、それらの臓器も
正常な位置へ戻るよう下腹部への
アプローチも合わせて行いました。


最初はあまり間隔をあけず
来ていただき、同じ治療を続けた結果、
2〜3回の治療で力が入りにくい状態は
かなり改善されました。
また、恥骨に感じていた痛みも
日常生活では感じることがなくなっています。


その後もう少し安定させるために
現在はその時々の症状に合わせた治療を行っています。
治療とは別に、家でもできる簡単な
筋力トレーニングやエクササイズも合わせて
行っていただいているため、状態の改善は
結構早く見られたと思います。


同じような症状でお困りの方は
是非ご参考にしてみてください!




西武池袋線・大江戸線「練馬駅」30秒
東京都練馬区の国際基準カイロプラクティック!
★ウェルビースパイン練馬★

オリジナルHP携帯HPにほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへにほんブログ村 健康ブログ 肩こりへ







AKセミナー(セッション4)も今日無事?終わり、頭の中は「経絡」でいっぱい

の状態です^_^;

AK(アプライドキネシオロジー)はかなり奥が深く、鍼灸で使う経絡の

考え方も取り入れて治療を行うので、現在はいっぱいいっぱいの状態ですが、

もう少し頭の中を整理しながら徐々に自分の中で消化していこうと思っています!



教えてくれているのは、ちゃんとAKを教える資格を持つオーストラリアの

ドクター(D.C.)なんですが、毎度その先生がたくさんの臨床経験を含

めた話をしてくれるので(一日の午前中だけで60人位患者さんを診てるそうです)

かなり役に立ちます!




今日はその先生が言っていた妊婦さんの骨盤の治療について少し

お話していきたいと思います。

少し前にも妊婦さんの腰痛や骨盤の歪みの原因について紹介したのですが、

赤ちゃんがお腹の中で成長することでの骨盤や腰椎の生体力学的な

バランスの変化&妊娠時に放出される女性ホルモン「リラキシン」の影響に

よる骨盤の靭帯の弛緩などが関係してきます。

でも、それ以外にも赤ちゃんのお腹の中の位置が関係する腰痛や足の痛み、

しびれ、むくみなども多いとのことです。

妊娠も後期になると赤ちゃんも大きくなり、その赤ちゃんの位置によっては

鼡径部を通る大腿動脈や静脈、リンパなどを圧迫してしまうため、

圧迫している側の足のしびれやむくみ、痛みの原因になってしまうことが

多いみたいです。

もちろん腰への負担も増えるため、腰の筋肉は緊張して腰痛や背部痛を

感じてしまいます。

また、鼡径部には上部腰椎から骨盤や股関節の内側に付着する「腸腰筋」が

動脈やリンパの下に位置していて、

その中でも「腸骨筋」が影響を受けやすいため、その筋肉を

ケアしてあげることも大切になってきます。


もしかしてと思う方は、まずリラックスしてゆっくり深呼吸

しながらお腹を下から上に無理のないように押し上げてください。

そして軽く咳をすると、お腹の赤ちゃんの位置がリセットされ

症状が軽くなることが多いみたいです。

もちろん「腸骨筋」に加え、骨盤や腰の関節の治療も必要なケースが

多いので、そちらはカイロプラクターにお任せください!


妊婦さんで症状が当てはまる方は、是非参考にしてみてください!



東京練馬区の練馬駅前
国際基準カイロプラクティック治療院
ウェルビースパイン練馬

産前、産後の腰痛や骨盤の歪み、足の痛みやしびれなどに!










今回は産後の骨盤の開きや歪み、骨盤矯正、腰痛について少しだけ…



出産を経験した方はご存知だと思いますが、

赤ちゃんが産道(骨盤)を通って出てくるためには

骨盤が拡がる必要があります。

その時は骨自体(恥骨、坐骨、腸骨)

が拡がったり歪んだりするのではなく、

主に恥骨結合(左右の恥骨の連結部)と

左右の仙腸関節の靭帯が緩むことで

骨盤全体が拡がるようになり、

赤ちゃんが骨盤を通ることが可能となります。

臨月が近づき、赤ちゃんの頭が下に(骨盤に)降りてくる頃には

恥骨結合部分に痛みを感じる方も多いのではないのでしょうか?

(今日もそんな患者さんがお見えでした)



骨盤が拡がるのを可能にするのは、

妊娠の途中から産後数日まで放出される「リラキシン」

という女性ホルモンの作用なのですが、

出産が終われば産褥期を経て、

拡がった骨盤は妊娠前の状態に戻ろうとします。

この時一度拡がった恥骨結合や仙腸関節が

正常に元にもどらなかったりすると、

腰痛や恥骨の痛み、鼡径部の痛み、殿部の痛みなどの

原因になってしまったりします。

また、妊娠中は赤ちゃんの成長とともに

腹筋(腹直筋は恥骨についてます)

や腰の前の筋肉が伸ばされるため、

筋力が弱くなってしまう傾向にあります。

出産時には骨盤底の筋肉も伸ばされるために、

それらの筋肉の作用が弱くなれば

笑ったりクシャミなどでおっと・・・

なんて経験ある方もみえるのではないでしょうか?



このように?産後の腰痛や骨盤の矯正(治療)には、

骨盤の動きをみるだけではなく

骨盤周囲筋のバランスをとってあげることが重要となります。

産褥期の方も、産褥期が過ぎた方も

出産後の腰痛や骨盤が気になる方は参考にしてみてください!

「骨盤がもとの状態に戻る前のほうが症状が長引く可能性は少ないと思います!」


近日中にもうすこし付け足したいと思います^^



東京練馬の正規カイロプラクティック
ウェルビースパイン練馬
産前、産後の腰痛&骨盤矯正に!















最近、産前、産後の腰痛が気になる方が増えてきたので少しそのお話を…気になる方は参考にしてみて下さい。

妊娠時期の一般的な症状には、

●背骨や骨盤の関節の痛み(背部痛、腰痛がほとんど)

●恥骨結合部、頚部、胸部、尾骨部などに痛みを感じることも

●骨盤が前傾することによる腰痛


があり、もう少し詳しい症状としては、

●肋軟骨の痛みや肋椎関節から放散する肋間神経痛

●体液のうっ滞による感覚異常、筋力低下

●子宮の靭帯の緊張や伸張、腹部の癒着による下腹部、鼡径部の痛み

●子宮の圧力による下大静脈、下大動脈の圧迫で背臥位で長時間寝ると循環障害が起こる(妊娠性低血圧症候群)

●妊娠後期には、上昇した子宮によりすべての脊柱の動きが制限される

●腰椎の前弯増加

●末梢では浮腫が起こりやすく、関節可動域が減少

●妊娠第3期での姿勢は、腰椎過前弯による腹部前方突き出し、中部胸椎過後弯による後方突き出し、下部頚椎ストレート、頭部伸展、顎の前方突き出しとなる

などなどがあります。


また、腰痛や背部痛の増悪要素として、

●疲れたり、坐位、立位、歩行、荷物の持ち上げ作業で背部痛は悪化

●妊娠が進むと、アイロンがけ、洗濯、食事を運ぶ、掃除機をかける、背もたれがまっすぐな椅子に長時間座るも困難に



また、産じゅく期には

●産前、産後の腰痛が継続したり、新たに痛みが発生したりすることも

●出産の課程や乳児の世話が原因

●胸椎、腰椎の過剰な弯曲は産後12週間経っても変化なし

●それによる靭帯、筋肉などの軟部組織の不均衡と妊娠姿勢が永続化する

●関節を緩ませるホルモン(リラキシン)の分泌は出産後もわずかに続き、関節のハイパー(不安定)が安定するまで6か月を要するといわれる


そして出産後の腰痛については、

●授乳時の前かがみ姿勢、支持されていない姿勢が原因

●膝の上に何かを置いてその上に赤ちゃんを乗せるや、横になって授乳するなどで予防する

●骨盤の不安定性には、骨盤を支持するベルト、それ用のガードルなどで固定する

などなどです。

また少し長くなりましたが、参考になりましたか〜?

赤ちゃんが子宮にいる状態が続けば、やはりそれを支えている筋骨格系には負担がかかってしまいます。

産前、産後の腰痛、背部痛が気になる方は一度ご相談下さい。




東京練馬区の国際基準カイロプラクティック
ウェルビースパイン練馬










1

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Recommend

驚異のエゴスキュー 痛み解消メソッド
驚異のエゴスキュー 痛み解消メソッド (JUGEMレビュー »)
ピート・エゴスキュー
最近こんな本も買ってみました!実は患者さんに教えてもらったのですが、かなりいいみたいです。あのジャックニクラウスも絶賛?のエゴスキューメソッド、みなさんも身体のセルフケアにいかがでしょうか?

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ハロウィン〜!
    K
  • ハロウィン〜!
    携帯メール配信
  • カイロプラクティックの記事!
    K
  • カイロプラクティックの記事!
  • カイロプラクティックの記事!
    K
  • カイロプラクティックの記事!
  • プラセンタ!
    ぽにょ
  • プラセンタ!
    mimi
  • プラセンタ!
    WB(私は豚)
  • プラセンタ!
    おっと藤

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM