一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

腰痛になってしまいました…


最近前より少し施術中に
足を踏ん張ることが多かった気が
してたんですが、


たまりたまって…


お尻の筋肉に来たって
感じです。


こうなると多分すぐには
良くならないのは経験上わかっているので
しばらくはだましだまし
使っていくしかないって感じなのですが、


人間どこかに痛みがあると、
かなり日常の動作(ADL)に影響が
出てしまうものですね〜と
改めて実感しています。


まずは、


★普通に歩けない
★もちろん走れない
★体勢を変えるのがつらい
★座っていても痛い
★股関節も痛い
★右の殿筋が痛いのですが、左の膝も痛くなってきた
★寝返りが痛くて起きてしまう
★ということは、睡眠が十分に取れない…


などなどで、
体力・気力にも影響が出てしまいます。


今回特に余計なのは、
左膝の痛みです(涙)


いままで膝が痛いなんてことは
なかったことなんですが、
昨日は右の股関節が使えなかったため、
かなり左を酷使していたような…


それが今日になって痛みとして
現われているんだと思います。


たまにストレッチなどもしていたのですが、
今回の状態には少しそれでは
足りなかったような…


なので、もし同じように殿筋(特に中小殿筋)
に負担がかかるような動作や作業が多い方などは、


☆同じ姿勢を長く取らない!
☆痛くなる前にケア(ストレッチ等)をする!


ということを忘れないで下さいね!


痛みが強くなってからは
しばらく安静が一番だと思います!


でも、自分の場合仕事柄そんなことは
いってられない…


ので、気力?とちょっとした工夫で
なんとか乗り切ろうかな〜と思います。


天気がすぐれないのも
多少間接的に影響しているような
気もするのですが…


人間元気で、身体も健康!
が一番ですね〜(^_^;)






 ★☆
 ウェルビースパイン練馬の
 「症例報告」&「ご利用者の声」&「良くある質問」などは、
 こちらにもアップしていますので、是非ご覧下さい!

 ウェルビースパイン練馬 よくある質問&症例報告
 飯島先生ブログも更新中!

 西武池袋線・大江戸線「練馬駅」30秒
 東京都練馬区の国際基準カイロプラクティック!
 ◆◇ウェルビースパイン練馬◇◆

 にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへにほんブログ村 健康ブログ 肩こりへ


(期間限定)初見料無料キャンペーン実施中♪
¥1000とありますが、只今¥3000円割引中〜☆









股関節の痛みで来院される方も最近多いので、股関節の痛みについて少し。


◆痛みの原因には色々あると思いますが、特に原因がなく、年齢とともに股関節に痛みを感じ始めたとしたら、股関節の退行性の変性の可能性もあります。先天性股脱、ペルテス病、大腿骨頭すべり症などによる二次性の原因もも多いですが、高齢化とともに一次性(加齢やオーバーユース)による痛みも増加傾向にあります。



◆◆症状と経過

◆成人女性の股関節疾患として最も多い。(好発年齢30代後半〜70代)

◆歩いた後に足や腰がだるい、重いで始まり次第に股関節中心痛みを感じる。

◆初期は年に数回痛みを感じる程度、数日で軽快。

◆進行すると、痛みを感じる間隔が短くなり、痛みが軽快する間隔が長くなる。

◆無意識に痛みのある足をかばうため、肩が揺れる異常歩行となる。

◆股関節の開きが悪くなり、痛い側の足が短く感じることも。

◆車に乗るのが困難、寝ていて布団をけり上げるのが困難等。

◆症状が進むと、安静時の痛み、夜間痛もあり。


◆◆痛みの原因

◆正常の股関節では、大腿骨の骨頭(先の丸い部分)は寛骨臼の中に収まります。

◆大腿骨の骨頭は関節軟骨に覆われていて、正常な場合寛骨臼との適合性がよく、広い範囲で荷重を受け止めることができます。しかし股関節の二次性の病変や、オーバーユースなどにより大腿骨頭と寛骨臼の適合性が悪くなると、関節軟骨の接する面積が狭くなり、狭い範囲で過重を受け止めなくてはならなくなり、その部分の軟骨は擦り減ってしまいます。

◆この荷重が長年かかり続けることによって、過重部の軟骨が擦り減ってしまうことが痛みの原因となります。


カイロプラクティック的アプローチ

痛みがある時に無理に動かしたりするのは逆効果になるときもあります。その時の状態に合わせて、痛みが増加しないように筋肉や関節に対してアプローチをしていきます。


◆◆関節へのアプローチ

◆股関節の可動域をチェックし、制限のある方向へ痛みのでないように
動かしていきます。(内旋、外転の動きで痛みが出る場合が多いです)

◆モビリゼーションは、股関節の関節包をストレッチするようにゆっくり行います。

◆仙腸関節や腰椎を中心に、可動制限により股関節へのストレスを増加させないようにアプローチしていきます。(痛い反対側の股関節や膝関節への負担は増加しています。片足立ちの場合、体重の約4倍のストレスが股関節にかかると言われています)


◆◆筋肉へのアプローチ

◆股関節を支えている外転筋を中心に、梨状筋、殿筋など緊張の高い筋肉を緩和させていきます。

◆痛みの出ないようにそれらの筋肉をストレッチし、股関節の可動域を可能な限り保っていきます。


◆◆
その他、必要に応じて温熱療法、超音波などを使用し、股関節や周囲の筋肉に対しアプローチをしていきます。

機能障害を取り除くのも大切ですが、痛みが強い時には痛みをコントロールしていくことが重要となります。

二次性のものはどうすることもできない?かもしれませんが、一次性のものは若い時からの生活習慣を気をつけたり、習慣的に股関節をケアしていくことにより状態の改善や痛みのコントロールは可能です。

みなさんの股関節は大丈夫ですか?



首の痛み・肩の痛み・腕の痛みにも
正規のカイロプラクティック
ウェルビースパイン練馬










以前にも中殿筋、小殿筋の障害を紹介したのですが今回も少し・・・


最近見えた患者さんで腰痛、左足のしびれ+肩こりで来院された方がいます。

肩こりは慢性とのことですが、腰痛、左足のしびれ(ピリピリ感)はここ一

か月位とのこと。

聞くとベットの下のマットレスを乗っけている部分がいつくかはずれていたらしく、その部分の上にちょうど腰がくる状態で寝ていたとのこと・・

腰が沈む状態で寝ていたので椎間板に負担かかったのかな?と思い椎間板への負荷テストやSLRを行ったが左右(−)。

筋肉も、腰部の左起立筋や腰方形筋に緊張がみられたものの、姿勢的(側弯)な関係もあり直接それらの筋肉が痛みの原因でもなさそうな・・・

話をよくよく聞くと、最近引っ越して駅までの道のりがかなりきつい坂道らしく、坂道を登る時や家で階段を上がる時に左の殿部、大腿外側、下腿後面にピリピリ感がでるとのこと。

座ったり平坦な道を歩いていても症状は出ない。

なるほど〜と思い、股関節外転筋を見てみると、お〜と思うほど硬くパンパンの状態でした。あまりストレッチとかはされないそうで・・・

足のピリピリ感をなんとか再現したいと思い、中殿筋の上から小殿筋を強めに押すもピリピリはしないとのこと・・・

念のため左の梨状筋もチェックしたが、症状の再発はなし。

症状の再発ができなかったので多少??の部分もあったが、腰椎(椎間板含
む)の問題よりメインは小殿筋の問題の可能性が高い!と思い治療開始。


カイロプラクターとしてもちろん腰部、骨盤(仙腸関節)を含め身体機能全
体の改善のため全身にアプローチした後、左外転筋を中心とした左股関節筋
のストレッチ、PIR、PNFなどを行い、外転筋、梨状筋のホームエクササイズを指導。


2回目の来院時、腰痛はなくピリピリ感だけ残っていた。外転筋の問題は時
間がかかる場合があるのでそれを説明、前回同様全身へのアプローチを行っ
た後、股関節屈筋の大腰筋に緊張や痛みが見られたため、オステオパシー式
でストレインカウンターストレイン。


3回目の来院時にまだ多少ピリピリ感は残るものの、最初の1/3位に減少
しているとのこと。この時も継続的に左股関節筋(特に外転筋)を中心に治
療を行う。


4回目予約当日電話があり、運動しても痛みやピリピリ感が出ないのでもう
いかなくていいですか〜とのこと。(多分エクササイズもしっかりやってもらったんだと思います)


肩こりや全身的な治療には後数回必要だったんだけど、本人は痛みやピリピ
リ感を気にしていたのでそこで終了〜!


肩こりなど慢性的な症状にはもう少し長期的な治療が必要になる場合が多いんですが、症状が慢性になる前の段階での来院だったので、比較的はやく症状が改善したんではと思います。 


しかしもう少し全体的に健康になってもらいたかった気も・・・少ししま
す。(^_^;)

症状が出る前にケアするのもカイロプラクティックなんですよ〜!




東京練馬の国際基準カイロプラクティック
ウェルビースパイン練馬














先日のお話ですが、ヘルニアに似た症状で来られた患者さんがいて、いろいろお話を聞いてもどうも椎間板由来の症状だなという感じだったので、検査をしていった結果、決定的なヘルニア(下枝の神経症状)症状はなかったものの他にあまり考えられないと思い、下部腰椎を中心に治療をしていきました。

治療の反応は悪くはなく、腰部の可動域や腰痛の度合も治療を進めるにつれ改善していったのですが、歩く時の足へのピリピリ感がなかなかなくならず・・・仕事で腰に負担がかかる姿勢が多いとのことだったので、仕事中の姿勢やホームエクササイズも毎回確認しながらの治療で、検査や触診では見えない何かあるのかも?と思い始め、X線をお願いしていたところでした。

しかし今回の治療で思いもよらないことがわかりました。殿筋のチェックをしていたところ、ものすごく痛がるポイントを発見し、そこを持続的に押圧したところ・・・歩く時に感じていたピリピリ感の誘発が・・・できました。いままで検査でこの誘発ができずおかしいなと思っていたのですが、この患者さんの腰痛、下肢痛のメインの原因がやっとわかりました。

原因がわかったのはいいのですが、いままでなんでわからなかったのかというのが少しショックでした(*_*; というのも最近こられる患者さんで、殿筋が原因の腰痛がかなり多かったので、このタイプの腰痛の鑑別には少し自信があったのですが・・大反省です!

立っての作業や、重い物を持っての作業、スポーツをハードにしている方にたまに見られるタイプの腰痛、下肢痛なんですが、ひとつの目安として立位で体幹を側屈(横に曲げること)すると、ちょうど痛めている側の殿筋(中殿筋、小殿筋)が伸ばされた時に、痛みを伴ったり重い感じが強くなることが多いです。しかし座って同じように側屈しても症状に変化はないことが多いです。これは座っている時は殿筋はアクティブな状態ではなく、姿勢の変化によって負荷が増えたりしないためです。筋肉の状態にもよりますが、これは経験上結構参考になる簡単な検査ですので、もしかしてって思っている方は立って身体を横に傾けてみてください。 片足立ちでやってみると更にはっきりわかりますよ〜!



1

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Recommend

驚異のエゴスキュー 痛み解消メソッド
驚異のエゴスキュー 痛み解消メソッド (JUGEMレビュー »)
ピート・エゴスキュー
最近こんな本も買ってみました!実は患者さんに教えてもらったのですが、かなりいいみたいです。あのジャックニクラウスも絶賛?のエゴスキューメソッド、みなさんも身体のセルフケアにいかがでしょうか?

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ハロウィン〜!
    K
  • ハロウィン〜!
    携帯メール配信
  • カイロプラクティックの記事!
    K
  • カイロプラクティックの記事!
  • カイロプラクティックの記事!
    K
  • カイロプラクティックの記事!
  • プラセンタ!
    ぽにょ
  • プラセンタ!
    mimi
  • プラセンタ!
    WB(私は豚)
  • プラセンタ!
    おっと藤

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM