一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「脊柱管狭窄症」
による下肢のしびれや間欠は(跛)行
で来られた方が何人かいたのでそれについて少し…


知らない方には、なにそれ?って名前かもしれません。
脊柱管とは、背骨の神経の通り道で
前は椎体や椎間板、横や後ろは椎弓根、椎弓板、椎間関節
などで囲まれています。


正常な機能や構造をもつ背骨では、
その背骨の通り道である脊柱管が狭窄される
ことはあまりないのですが、
椎間板ヘルニアや後縦靱帯の肥厚、椎体や関節構造の
変形(加齢による)などにより
背骨の通り道が狭くなってしまうことがあります。


で、そうなるとどういう症状がでるか?
ということなんですが、
代表的なものが間欠は(跛)行や足の感覚異常です。


間欠は(跛)行とは、少し歩くと足がしびれたり
痛くなって歩けなくなるのですが、
少し休むと(かがんだりして)
症状が治まり、また歩くことができる
といった状態です。
長い距離になるとこれの繰り返しとなります。


足の感覚異常は個人差があるみたいですが、
足がゴムみたいと訴える人が多いみたいです。
灼熱感や冷感という人もいます。


脊柱管は、背骨を反らす動きで狭くなるので
いい姿勢で座ったり立ったりするのが
つらく、逆に猫背で過ごしているほうが
楽になります。


自転車に乗るのが楽って言う人が
いますが、その状態は、腰部(特に腰仙部や下部腰椎)
が屈曲するので、脊柱管が広くなり
症状は和らぐといった感じです。


狭窄症の原因は、外傷やヘルニア、先天的なもの
を除けば加齢による背骨や脊柱管周囲の
軟部組織(靭帯など)の変形、変性が多いです。


次回はもう少し詳しく脊柱管狭窄症について
お話していきたいと思います。


ちなみに、ヘルニアと狭窄症の違いは、
ヘルニアでは前かがみの姿勢がつらいのに対し
狭窄症では前かがみの姿勢が楽ということです。
殿部から大腿後面〜外側のしびれや痛みが続いていて
原因がわからないという人は
腰をかがめて楽かつらいか確かめてみてください!


それともう一つ、ヘルニアは腰痛を伴うケースが
多いと思いますが、
狭窄症は必ずしもそうではないかもしれません。





東京練馬区の正規カイロプラクティック&整体は
ウェルビースパイン練馬!

オリジナルHP

紹介サイト

携帯サイト














1

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Archive

Recommend

驚異のエゴスキュー 痛み解消メソッド
驚異のエゴスキュー 痛み解消メソッド (JUGEMレビュー »)
ピート・エゴスキュー
最近こんな本も買ってみました!実は患者さんに教えてもらったのですが、かなりいいみたいです。あのジャックニクラウスも絶賛?のエゴスキューメソッド、みなさんも身体のセルフケアにいかがでしょうか?

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ハロウィン〜!
    K
  • ハロウィン〜!
    携帯メール配信
  • カイロプラクティックの記事!
    K
  • カイロプラクティックの記事!
  • カイロプラクティックの記事!
    K
  • カイロプラクティックの記事!
  • プラセンタ!
    ぽにょ
  • プラセンタ!
    mimi
  • プラセンタ!
    WB(私は豚)
  • プラセンタ!
    おっと藤

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM