一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

腰痛といっても原因は色々ありますが、今回は仙腸関節由来の腰痛について紹介したいと思います。

カイロプラクターとしてあまり自慢にはならないんですが、先週久しぶりに急性の腰痛になりました(*_*;  今回で3〜4回目位+それほどひどくない状態?なので、まあしょうがないと思っていたんですが、これがなかなか痛みが引かない状態で困ってます。(自分の腰痛は、予防はできても治療はなかなか・・・)

で、せっかくなので、こんな姿勢や格好をしていたら腰痛になる可能性がありますよということを伝えていきます。

原因:今回は、特に無理な動作をしたとか、スポーツした、ケガをしたというのではなく、椅子に座る姿勢+自宅でのベットの上での姿勢が原因の可能性が高いです。座るときは椅子に浅く座り、背中は背もたれにもたれながらパソコンをしたり、その姿勢で上体を捻ってカルテを書いたりしていました。この状態では腰椎の前弯は保たれず、後弯してしまいます。腰椎と骨盤の間の組織も常にテンションが高い状態になってしまいます。自分の場合、仙腸関節がちょうどクッションの位置にくる座り方が多かったため、関節に常に力学的なストレスがかかっている状態にあり、そこにある仙腸靭帯などが常に伸張されていたため、組織の許容範囲を超えてしまい、現在の症状に至ったと思われます。

仙腸関節は、可動性は少ないんですが、可動関節です。(解剖でこの関節を見ると、あまりにも多くの靭帯や組織に覆われているため、ほんとに動くの?と思ってしまいますが)この左右の仙腸関節がうまくバランスをとって可動することにより、我々人間は歩いたり、運動したりすることができるんですが、今の状態は、このうち一つがあまり安定していない状態です。(関節の捻挫の状態と同じ) こうなるとどうでしょう? 症状として、
●普通に座るのが痛い
●立ち上がる時に痛い
●歩くのも痛い
●寝返りをうつのもつらい
●押すと痛い
などの痛みを感じることでしょう。

次に人間は、痛み刺激には弱いのでその痛みがでないように、座ったり立とうとしたり、歩いたりしようとします。そうなると普段使わない筋肉や関節に普段と違うストレスがかかり、これも新たな痛みの原因へとなっていきます。特に痛みが出るのは、関節では股関節、次に膝関節、腰仙部、反対側の仙腸関節などです(今自分が痛いのは同側の股関節・・・)。筋肉では、仙腸関節の安定性と関係の深い梨状筋、また股関節の動きと関係のある中殿筋、前方の筋肉では大腰筋などに痛みが出てきます(今全部痛いです・・・) その他仙腸関節を安定させたまま立ったり座ったりしようとするので、手をついたり、足の屈伸をしたりと、いつもより手や足の筋肉にも負担が増えてきます。

治療法
このような動きが過剰な関節に対しては、最初の痛みがある(炎症期間)は冷やし、その後は関節が安定するまでは固定するのが一番です。人により治癒までにかかる期間は違うと思いますが、一般的には3〜6週間は固定が必要と言われています。(今約1週間なので、もう少しかかるということですね・・)この期間中、激しい運動や動きは駄目です。固定は腰痛ベルトではなく、ちゃんと仙腸関節が固定できるベルトでないと意味がありません。細いベルトでは歩いているとずれてしまうので、お勧めはずれないベルトです。例えば○○ボの中殿筋ベルトなど・・・その間は、仙腸関節の回復の状態を見ながら、反対側の仙腸関節の可動性、両側の股関節のチェック、股関節、仙腸関節に関係する筋肉のチェックなどを行っていきます。筋肉を見ていくと、筋肉の中に硬い部分が見つかるのが予想されるので、そちらに対しても治療を行っていきます。背骨へのストレスも普段とは変わっている場合が多いのでそれらもチェックしていきます。


注意点
とにかく仙腸関節にストレスをかける動作は控えることです。ただでさえ、歩く、立つ、座るなどの動作でどうしてもストレスはかかってしまうので、その度に微細な炎症(痛み)が起こるのはしょうがないとしても、それ以上のストレスを加えてしまうと、治癒が遅れるばかりか、組織が正常に再生されない可能性もあります。走ったり運動はしばらく我慢我慢です。

ただ、痛みをあまり感じなくなってきたら、無理をしない程度に徐々に普段の生活に戻っても大丈夫です。組織が元に戻るために、3〜6週間は最低必要と言われていますので、くれぐれも無理をしないように!

でもみなさん、こうならないために、普段から椅子に座る姿勢、歩く姿勢、パソコンをやる時の姿勢などは気をつけて下さいね!痛みが長引くのはつらいですよ〜(*_*; 

  • -
  • 17:54
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
こんにちは。もしよければご意見頂きたく、突然ですがメールさせて頂きました。実は腰痛で近くのカイロ院に通っていて、仙腸関節が不安定といわれているのですが、まだ骨盤ベルトをする段階ではないと言われました。ネット検索でそちらのブログがヒットし、読ませて頂き(去年の夏のもののようですが(^_^;))ベルトをして安静にしていた方がいいような事が書かれていたので、どのようにした方がいいのかまよっています。老化による筋肉の低下の為に仙腸関節が不安定なら鍛える運動をした方がいいのかと思いますが(運動は歩いてるくらいで大丈夫といわれましたが)今の症状は立っていると腰(主に左)が重く痛くなってきます。右の股関節が重くなることもたまにあります。後、左のお尻の下あたりも…ぶしつけな質問で申し訳ありませんが仕事も立ちっぱなしなので(派遣なのですが)午前中しか行けない状態なので…早く治したいのは言うまでもありません…もしよければ返信頂ければ幸いです。勝手なお願いですが宜しくお願いいたします。年齢は41歳女性です
  • タケモト
  • 2008/07/14 11:27





   
この記事のトラックバックURL : http://wbspine.jugem.jp/trackback/616534

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Archive

Recommend

驚異のエゴスキュー 痛み解消メソッド
驚異のエゴスキュー 痛み解消メソッド (JUGEMレビュー »)
ピート・エゴスキュー
最近こんな本も買ってみました!実は患者さんに教えてもらったのですが、かなりいいみたいです。あのジャックニクラウスも絶賛?のエゴスキューメソッド、みなさんも身体のセルフケアにいかがでしょうか?

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ハロウィン〜!
    K
  • ハロウィン〜!
    携帯メール配信
  • カイロプラクティックの記事!
    K
  • カイロプラクティックの記事!
  • カイロプラクティックの記事!
    K
  • カイロプラクティックの記事!
  • プラセンタ!
    ぽにょ
  • プラセンタ!
    mimi
  • プラセンタ!
    WB(私は豚)
  • プラセンタ!
    おっと藤

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM