一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

まだまだカイロプラクティックって??
って方はたくさんお見えだと思います。


ちまたにはカイロとかカイロプラクティック
とか看板を掲げているところは
たくさんあると思いますし、
ソフトカイロとか、なんとかカイロとか
なんとか流、米国式、ドイツ式とかとか…


これでは何がカイロか
わからなくなるのも当然ですよね?


最初に言っておかなくてはならないのは、
日本にはカイロプラクティックに関する
資格、法律はないということです。


そのため、色々な業種の人がカイロといってみたり、
カイロプラクティックという名前を使った
専門学校がたくさんあったり、
何々先生(D.C.?)に何年間教えてもらったとか
いう人がいたり、
カイロプラクティックという名前を使った
怪しげ?なセミナーの類がたくさんあったりします。


それらがいい、悪いではないと思います。


でも、世界レベルで見た時に、
カイロプラクティックをヘルスケアとして
法制化(資格として認めている)している国は
たくさんありますし、
カイロプラクティックと鍼灸は、
代替医療として世界保健機構(WHO)
にも認められています。


人々の健康に有益なものでなければ、
たくさんの国で資格として
法制化されるわけはありませんし、
WHOが代替医療として
認めるわけもありません。


このことからも、
カイロプラクティックが
人々の健康に対して有効、有益なものと
いうことはご理解いただけると思います。


では、何がカイロプラクティックなのでしょう??
少し言い方を変えれば
カイロプラクティックはどのように
勉強し、周りから資格として認められるのでしょう??


日本では前にも書いたとおり、
カイロプラクティックに関する
法律や資格がないために、
数日間のセミナーしかでていない人や
全く関係ない業種の人でも
カイロプラクティックやカイロプラクターと
名乗っても本人の自由みたいな感じで…
特に罰せられることもありません。


もう一度いいますけど
これがいい、悪いというつもりはありません。
(あまりいいとは思いませんが…)


では、
たくさんの法制化されている国では
どのような人がカイロプラクティックの
仕事についているのでしょうか??


細かい説明は避けますが、
カイロプラクティックを勉強し、
カイロプラクターを職業として選択する場合、
4年以上のカイロ専門大学を卒業することが
最低条件となります。


その教育内容も、
WHOのガイドラインによって決められてます。
簡単な説明は
JACのホームページにもありますので
参考にしてみてください!


これらはウェルビースパインのホームページにも
ちりばめて説明はあるのですが、
最近あまりにも…
どうなの〜ってところも目につきます。



ウェルビースパインは、わかりやすく
国際基準のカイロプラクティックと言っていますが、
他の法制化されている国と比べれば、
いくら法制化されていない日本といっても
人の身体を預かるカイロプラクティックの国際基準はあたりまえ!
だと思ってしまいます。


現時点で、
日本での法制化は???かもしれません。
でも、
近い将来カイロプラクティックは
必ず法制化されると思っています!


ですから、
特に、これからカイロプラクティックの世界に
身を投じようと思っている方、
国際基準の教育は必須条件です。
カイロプラクティックは
短期間のセミナーや教育で
身につくようなものではありません!


急がば回れっていいますけど、
これってほんとだと思いますよ!!


参考にしてみてください。




西武池袋線・大江戸線「練馬駅」30秒
東京都練馬区の国際基準カイロプラクティック!
★ウェルビースパイン練馬★

オリジナルHP

携帯HP

にほんブログ村 健康ブログへ

にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ

にほんブログ村 健康ブログ 肩こりへ

にほんブログ村 ゴルフブログへ






































とりあえず使い始めて1週間以上経ったので、

今日はその感想などを…


まず見た目

◆ゼニスのテーブルより幅が広い
(両サイド1インチ縮めてもらったんですが、まだ広いような)


使ってみて思ったこと

◆広くなった分、患者さんが背臥位で寝てるときにテーブルに
手をおけるのかな? と思ったんですが、微妙に難しそうです…

◆フットレストの高さが調節できないので、(長さはできるのですが)
患者さんが背臥位で寝てると、足が上がってみえる…
(特に問題はないんですが)

◆胸椎のP→Aの治療時、幅が広い分自分の立ち位置が今ひとつ
定まらない…(最近やっと慣れてきましたけど)

◆一度フレクション機能を使うと、骨盤部分をフラットに調節し直さないと
側臥位のテクニックがやりにくい…

などなどでしょうか…

なんか都合が悪くなったみたいな印象を与えてるかもしれませんが、
これらは全て「慣れ」が必要ということだと思います。

と同時に、使っている時はなんとも思ってなかったんですが、
いままでの「ゼニス」テーブルはかなり使いやすかったんだな〜
と思うようになりました…

慣れるのにもう少しかかりそうです!



最後に変えて良かったと思ったこと!

◆患者さんによって感想は違うかもしれませんが、フレクション機能は
かなり使えると思います。

自分も時間のあるときにはいつも腰部を伸ばしてますが、
結構気持ちいい!というか、牽引されてる実感があります。
「あまり感じない」という患者さんには、腰部や胸部を手で押さえて
行なうといいみたいです。

◆ドロップ機能も使えます!
今まで小胸筋や股関節の治療などは、小さいドロップを患者さんの
身体の下に入れてから治療を行なっていたのですが、
レバーをあげるだけでテーブルのドロップが行なえるので
これはかなり楽です!
(ドロップの時の音は、できれば半分以下になればいいな〜と思いますが…)

◆テーブルの高さが調節できるのも少しは楽かなって思います。
でもこれはあまりつかっていませんが…


と簡単にまとめるとこんな感じです!


使ってみてまだ日が浅いので、こんな症状に効果があったという
コメントはちょっと控えたいと思いますが、
急性期以外のほとんどの腰痛には、関節構造の牽引、軟部組織のストレッチ
などなど行なえるので、きっと違いを感じてもらえると思います!

またの報告をお待ち下さい!



東京練馬区の国際基準カイロプラクティック
「ウェルビースパイン練馬」
腰痛、背部痛、殿部痛、足のしびれなどに







カイロプラクティックといえば「ゼニス」と「ロイド」が大手のテーブルの

メーカで、どちらもアメリカ製なんですが、

17日(木)にウェルビースパインにも待ちにまった新しいテーブルがきます!

「ロイド」の「フレクション エレベーション」というテーブルなんですが、

名前の通りフレクション(屈曲または牽引)とエレベーション(高さ調節)

機能付です。


このテーブルがくれば、いままで手でやっていた腰部の牽引が自動でできる

ようになります。

また、ドロップ機能もついているので、いままでの胸椎や腰椎の治療が

よりやさしく行なえるようになります。

患者さんにとってはよりやさしく、治療をする側にとっても身体の負担の少ない

テーブルといえます^^


慣れるまで多少時間がかかると思いますが、18日(金)から普通に治療に

使う予定ですのでよろしくおねがいします。


◆腰部の自動屈曲+牽引がおこなえるため(コンピュータ制御機能付き)

椎間板に問題がある人、お医者さんにヘルニアって言われた人などには是非

積極的に使っていきたいと思っています。

もちろん通常の腰痛(骨自体に問題がない場合)にも有効です。

今までのテーブルではできなかった治療がいくつか行なえるようになるので

かなり楽しみです。(治療の効果や治療例などはまた報告していきます)



今回はお知らせでした〜!


東京都練馬区の
国際基準カイロプラクティック
「ウェルビースパイン練馬」
マッサージ・接骨院・整骨院とは違います。

今日は休みだったので、久しぶりに新宿のT先生のところに行き、

治療をしてもらいました。

最近肩と手首が痛く、患者さんを見れば見るほど悪化しているような

気がして…(T_T) でもピークは超えたみたいです。


でT先生はカイロプラクティックの治療法の中でも、特殊なベットと

器具を使う方法(アクティベータというのですが)

を中心に今はやっているみたいです。


たぶんカイロプラクターじゃなくても、アクティベータを使っている

方はたくさんみえるんでしょうが、(実は自分も持ってます)

T先生はかなり本格的に全身を治療できるので、肩を中心に見てもらいました。


カイロプラクティックの基本的な考え方の中に、神経系の機能を正常化

させることがあるのですが、これは手技でもアクティベーターのような器具

を使って行うのも同じことだと思います。


でT先生の指示通りに、ちょっと背の高いアクティベータ用のベットに

横になり、手をあげたり顔を動かしたり…それによってその部位を支配して

いる神経の機能をチェックしているということなんですが…

その間に必要な部分にパチンパチンとアクティベータを打ち込まれながら

(全然痛くはないです)

終わってみると、不思議と右肩が軽くなっていました。

さすが国際基準のカイロプラクティック!なんて思いながら

ついでに右手首を見てもらって、今はかなり快調にこのブログを更新しています。

自分はまだまだ手技にこだわってやっていくつもりなんですが、

アクティベータも使えれば、かなり肩や手首への負担も減るな〜

なんて思いつつ…

少しずつ使っていこうと思っています。


でも不思議なことがひとつあります。患者さんと話をしていると

どこどこのマッサージや整骨院、整体院でアクティベーターで治療された

なんて話を聞くんですが、みなさんどこで勉強しているんでしょうね〜?

これってもともとカイロプラクティックの治療法で、アクティベータの

協会もちゃんとあり、最近は色々な業種の人にもセミナーの参加を許して

いるようなんですが、少し前まではちゃんとカイロを勉強している人が

習得できるテクニックだったような…



整体・マッサージ・整骨院・鍼灸とは違う
東京都練馬区の国際基準カイロプラクティック治療院
ウェルビースパイン練馬





最近やっと温かくなってきてかなり動きやすいと思いますが、

昨日なんかは昼間でもまだまだ肌寒かった気がします。

お身体にはくれぐれも気を使って毎日をお過ごしください!



と、今回は知り合いから「カイロプラクティック研究論文掲載サイト」

をメールで教えてもらったのでそんな話でも。

そのサイトはここで見られます。

http://www.wccsresearch.com/index.html


このサイトを立ち上げている組織は、

WCCS(World Congress of Chiropractic Students)といって

世界のカイロプラクティック大学の学生で構成されています。

RMIT大学日本校からも学生の代表が世界のカイロ学生と混じって

カイロプラクティックの在り方や、それぞれの国のカイロを取り巻く

環境や問題などを一緒に話し合ったりしています。


カイロプラクティックはほとんどの国で法制化がなされているのですが、

日本を含めアジアではまだカイロプラクティックへの理解が低いのか、

法制化がされている国はないみたいです。

で、そのような国ではどのように国に対して、また国民に対して

カイロプラクティックを理解してもらうべきかなどすでに法制化されて

いる国のカイロ学生と一緒に熱く話しあったりしているみたいです。


でその会合の中で、RMIT大学日本校代表の意見として、

世界のカイロ学生の研究をお互いに共有化できないかという提案があり

それに対して他の国の代表も賛成してくれたみたいで、今回やっと

ネットで見れるようになったといった運びです。


まだまだ掲載されている研究論文は少ないですが、今後少しずつ増えていく

と思いますし、日本ではまだカイロって整体?なんて思われてる方にも

へ〜カイロプラクターはこんなことしてるんだ…

なんて思ってもらえると思います(英語です、すみません)

「国際基準のカイロ教育では研究は必須です」



ちなみにアジアではないですが、イタリアで最近カイロプラクティックは

法制化されました! はやく日本でも法制化されればみなさんの健康に

もっともっと貢献できると思うんですけど… がんばります!



東京練馬の正規カイロプラクティック
ウェルビースパイン練馬





今回は、カイロプラクティックとアンチエイジングについて少しお話
していこうと思います。


人間だれでも歳をとれば筋肉や関節、神経機能などが衰えてきます。

筋肉には萎縮、筋力低下、トーンの低下などがみられ

関節には関節腔の減少、軟骨の減少、カルシウムの沈着、可動域の減少などが起こり

神経には伝達速度の低下、神経細胞自体の変性、神経からの入力を統合するシステム自体の能力の低下などがあります。

これらにより姿勢維持やバランスをとることが若い時にくらべ難しくなって
きます。

刺激に対する反応が遅くなり、体を支えている筋力も衰えれば転倒しやすくなるのもいたしかたないかもしれません。

そう、歳をとってから気をつけなければいけないのは、転倒すること、またそれによって怪我をしてしまうことです。

特に下肢の筋力が衰えると神経機能の低下と合わせ、転倒しやすくなってしまいます。



カイロプラクティックではこれらの問題に対し、

★足関節の柔軟性を高め、背屈筋の筋力を維持することによりバランスを維持しやすくしていきます。

★膝関節、股関節の柔軟性を保つため、ストレッチや関節のモビリゼーションを行い可動域も確保していきます。

★高齢者になると、細かい連続した動きが苦手となり、姿勢維持や歩行も股関節周囲の大きな筋肉を使って行うようになるので、筋肉のバランスをよくし、必要に応じてエクササイズを行うよう指導していきます。

★足、膝、股関節、骨盤、首などの感覚受容器からの情報入力が低下するとバランス維持や姿勢維持に悪影響がでるため、それらの部位が正常な機能を維持できるよう検査、治療していきます。

★高齢者になると、横への動きが苦手となるため、下肢の筋肉(特に内転筋、外転筋)の筋力が低下しないように治療し、エクササイズを指導していきます。

え〜そうなの?と思う方もいるかもしれません。しかし身体の老化は20歳を超えた時から確実に少しずつ始まっています。

歳をとってからでは状態を維持するのさえ難しいケースもありますので、

できれば若い時から身体のケアやエクササイズは行うようにして下さい!

とくに下肢を鍛えておくのはとても大切なことです。

参考にしてみてください!


東京練馬の国際基準カイロプラクティック
ウェルビースパイン練馬




昨日休みだったので、新橋で治療を受ける前浜松町にある「江崎」で

カイロテーブルを見せてもらいました。


カイロ業界の方じゃないとわかりにくいかもしれませんが、

本格的なカイロテーブルとなると日本で作っているものはほとんどなく

やはり本場アメリカ製が一番使いやすいということになります。

日本の技術力があれば、それ同等、もしくはそれ以上のものを作るのも

可能だと思うのですが、マーケット規模の問題、カイロが法制化がされてい

ない問題等あるのか、積極的にアメリカ企業のようにカイロテーブルを造っ

ている企業は日本にはないみたいです・・・(江崎さん頑張って!)



まあそれはそれでおいておいて、現在椎間板に問題を抱えた患者さんが案外

多いとの認識から、その治療に適したテーブルの購入を考えています。

で、やはりカイロテーブルといえば老舗?の ゼニス か、最近ではアメリカ

でもかなりシェアを伸ばしている ロイド かどちらかだろうと思い、まず

ロイドのそれ用の治療のできるテーブルを見せてもらいました。

江崎さんの東京営業所には在庫がなかったので、わざわざ京都から持ってき

てもらいました… 江崎さん、ありがとうございます!


で実際に Lloyd 420 フレクション エレベーション というのを見せても

らったのですが、見た目現在使っているゼニスのステーショナリーよりかな

り幅が広く、どうなの? って思いましたが、説明を聞いて実際に自分が

ベットに寝て色々とやってもらうとこのテーブルの良さが伝わってきました。

ちょっと箇条書きにしてみます。

◎少し幅があるけど、その分体格の大きな人も安心して横になれる。

◎身長に合わせた長さの調整が電動でできる。

◎頭部、頚部、胸部、腰部にドロップがついていて、楽に治療ができる。

◎腰部の牽引機能があり、手動、自動のどちらでもかなり効果の期待できる
治療が行える。(自動はオプション)

◎レザーの色も選べるので、好きな色が選べる。


などなどでした。


自分は椎間板には特に問題はないのですが、このテーブルで牽引をいろいろ

やってもらい、そのあとに腰部と胸部のドロップをしてもらった後は、

かなり腰がすっきりしました。


何も問題のない自分がやってもらってこの感じなら、腰部の問題のある人に

はかなりいいのでは〜と思い危なく?即決するところでした…


土台の部分の色(グレー)がすこし気になったのでそこの色を変えることが

できるか聞いたところ、それも可能とのこと!


契約したい気持ちを抑え、少しだけ考えさせて〜とお願いして江崎を後に

したのですが、今後のことを考えるとこれは「買い」です、間違いなく。


アメリカでの生産になるため3か月位かかるらしいですが、このブログを読

んだ皆さん、もし来年の3月か4月にテーブルが電動で上がったり下がった

りするのに変わっていたらこの後すぐ注文したんだ〜と思ってください!


値段が◎00万円というのが少し?悩んでしまう理由です・・・




東京練馬の国際基準カイロプラクティック
ウェルビースパイン練馬


寒くなってきましたが、みなさんお変わりなくお過ごしですか?

今回はエクササイズについてです。

カイロプラクティックの考え方に、パッシブケア&アクティブケアというのがあるのですが、パッシブケアとは、痛みや状態が悪い時に、カイロプラクターが主導で治療を行っていくケア(治療)のことです。これには、関節に対するアプローチや筋肉に対するアプローチ、場合によっては理学療法なども含みます。

痛みが軽減してきたり、状態が改善してきた時点で、定期的なパッシブケアはまだ必要になってきますが、今度は再発防止、いい状態の維持などの目的で患者さん主体のアクティブケアが必要になってきます。痛みや症状は、日常生活の悪い姿勢や生活習慣などによって起こっているケースが多いので、これらを改善していくことは重要です。アクティブケアにはストレッチや簡単な腰や首のエクササイズ、運動等が含まれます。

パッシブケアでせっかく身体をいい状態にしても、その症状の原因と思われる姿勢や習慣を変えていかない限り、改善も一時的なものになってしまいます。なのでみなさん、早く痛みをとりたい、状態を改善したいと思う方は、アクティブケアを積極的に取り入れて下さいね!

患者さんの改善の度合をみていても、アクティブケアを積極的にやっている方は改善が早いです。やらない方はなかなか症状が・・・というケースもあります。(もちろん最初の状態によりますが)

ウェルビースパイン練馬ではみなさんの日常生活をお聞きし、日常生活の中で無理なくできるアクティブケア(エクササイズ)を教えています。症状を長引かせたくない方、最初は頑張ってやっていきましょう〜!


PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Archive

Recommend

驚異のエゴスキュー 痛み解消メソッド
驚異のエゴスキュー 痛み解消メソッド (JUGEMレビュー »)
ピート・エゴスキュー
最近こんな本も買ってみました!実は患者さんに教えてもらったのですが、かなりいいみたいです。あのジャックニクラウスも絶賛?のエゴスキューメソッド、みなさんも身体のセルフケアにいかがでしょうか?

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ハロウィン〜!
    K
  • ハロウィン〜!
    携帯メール配信
  • カイロプラクティックの記事!
    K
  • カイロプラクティックの記事!
  • カイロプラクティックの記事!
    K
  • カイロプラクティックの記事!
  • プラセンタ!
    ぽにょ
  • プラセンタ!
    mimi
  • プラセンタ!
    WB(私は豚)
  • プラセンタ!
    おっと藤

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM